酢の物で美味しく健康的な毎日を送る

毎日続けたいお酢

春はポカポカ陽気で過ごしやすい天気が多くなります。また、気温も高くなるので、サッパリしたものが欲しくなる時期です。お酢は美容と健康に良いことが知られています。毎日の食事の中に、お酢を上手く取り入れていきたいものです。ちょっとした箸休めとしても重宝するのが酢の物です。二杯酢や三杯酢、酢味噌で酢の物のレシピも増えてオススメです。作るのが面倒だと感じる方は市販や通販サイトで合わせ酢の販売もしていますので、そちらをご利用してみても良いかと思います。

食材と合わせ酢でおいしい酢の物色々

その時々の食材に合わせて、合わせ酢を作っていくと良いでしょう。
中でもポピュラーな酢の物の一つに、キュウリとわかめの酢の物があります。キュウリは薄くスライスをして、わかめと合わせ酢で合えるだけです。少し時間をおくと、さらに味がしみ込んで美味しくなります。わかめは乾燥ものを使えば、手軽で簡単に作ることができます。キュウリは生のものを使いますが、あらかじめキュウリの塩揉みをしておいたものを塩出ししてから使っても良いでしょう。キュウリの塩揉みは冷凍保存も可能です。流水で解凍して、塩分を抜いてから、酢の物に使うようにしましょう。他にも今の時期ならば、フキノトウの酢味噌和えも旬を味わえる酢の物です。また、酢味噌和えに入れる食材もいろいろあります。料理の一品に酢の物を加えると、見た目も味も広がります。わざわざ高い食材を使う必要もなく、手軽に入手できる食材で酢の物を作ることができます。

合わせ酢に使うお酢は、種類によって酸味が違います。酸味が苦手な場合は、薄めて使ったり、酸味の気にならないお酢を使うと良いでしょう。酢の物は食材にもよりますが、数日間は冷蔵庫で保管ができるものもあります。時間のある時に、多めに酢の物を作っておけば、一品欲しい時にも役に立ちます。

より酢の物を楽しむために

辛みや甘味、または旨味などを加えて、好みの味にすれば、さらに酢の物が美味しくなるでしょう。また、季節や気分に合わせて、酢の物を入れる器にも工夫をするのも良い方法です。お酢は疲労回復にも効果があります。酢の物を美味しく食べて、健康的な毎日を送っていきたいものです。